α6400に外付けマイクをつけると画面に被って見えなくなる問題を解決 SmallRig コールドシュー

SONY Α6400に外部マイクを装着するとき、ホットシューと呼ばれる部分に外部マイクを装着するという方も少なくないかと思います。しかしそこでα6400ならではの問題が生じます。それは自撮りで自分がどのようにうつっているか液晶画面から確認しようとすると、ホットシューにつけられたマイクが邪魔で画面がほとんど遮られるという問題です。

そこでおすすめなのが、SmallRigのA6000 / A6300 / A6400 / A6500用コールドシュープレート コールドシューアダプター 左側用
BUC2342です。

金属製ですが軽い。外部マイクをつけたいとき、気軽にいつでもつけることができます。これがいい。

このsmallrigのコールドシュー、左側用と右側用がありますが、私は左側用にしました。理由は、マイク入力端子が左側にあるため、マイクから伸びるコードが右側だと、コードをビローンと伸ばした状態にする必要があるからです。液晶側を通すと液晶画面にコードが被ってしまいますし、レンズの下を通すのも何か不恰好だと感じました。

ストラップ部分にネジを通す形になっており、固定感は抜群です。しかも、smallrigにストラップをちゃんと通すことが出来ます。

Α6400に外付けマイクをつけると画面が見えなくなる問題を解決したい方にはご購入をおすすめします。自分は2299円で購入しました。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07SKZK2HW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です