新大阪 西中島の和風もつ料理 あらた

西中島のモツ料理屋さん「あらた」に行ってきました

出張で新大阪に来ています。ふと大阪の美味しいお店を開拓したくなり、新大阪周辺で調べたらもつ料理が美味しいお店が新大阪駅から御堂筋線で一駅の西中島にあることを知りました。一人で行ってみることに。

下調べしたところ、平日でも並ぶのは必至とのことで。西中島南方駅から徒歩数分のところに「あらた」はありました。

平日火曜の18:40に行ったら、もちろん満席で一人だけ前に並んでいる状態でした。ただ、並んで20分くらいしたら7〜8人は並んでいました。

どれも本当に美味しい、お店の雰囲気も良い

運が良かった?30分ほど並んで入ることができました。

カウンター席で10〜15人程度入れるくらいかな。初めは和風煮込みがおすすめとのことで、早速出てきました。ビールをいただきながら食べる。

和風煮込み

うまい。とろける。旨味が。単に美味いというだけではない、心から美味いと思える系のお料理。

事前に下調べしたときに「チレ刺身」をおかわりしようとしたらおこられたという人の口コミをみてビビりながら行きましたが、ぜんぜんそんなことはなく、お店のひとたちの人柄の良さが出ている感じで、接客も丁寧でした。

チレ刺身

おすすめで、生系が好きといって頼んで2個めに出てきたのがチレ刺。あーうまい。これは人によっては好き嫌いあるかもしれませんが、この鮮度ではなかなか食べれないものだと思います。お酒が進む。

生せんまい

続いて、生せんまい。梅田の美味しい豚足が食べられるお店にいったときもみんな頼んでいたなぁと思い出しながらパクリ。さっぱり、はごたえもあって、これまたビールがすすむ感じです。

ミノゆびき

続いてミノゆびき。これは驚くほどのうまさ。これが個人的には一番美味しかったですね。あっというまにビールがなくなり、ここのお店オリジナルのハイボールをたのむことに。

オリジナルのハイボール。お酒が比較的飲めるという方にはおすすめ

日本酒並みの度数だというハイボールは噂通り、ジンジャエールはほんの少し。1割もないくらい。ビールがあっという間になくなっていたからか店主から「たくさん飲んでいき」と言われながらなみなみとつがれました。ハイボールという名前ながら、炭酸はほとんどないし焼酎や日本酒に近いかもしれないですね、グラスも日本酒を飲むときの大きさに近いですし。

これがまた、ミノゆびきにとても合うんです。さっぱりしていて。至福。

心のたたき

続いて、心のたたき。これも至福。とても美味しい。これが400円なのが信じられない。東京で食べたら1200円払っても同じものは食べられないでしょう。もう大阪本当大好き。

串焼き

串焼きは1人で来ているということで、タンとテールだったかと思いますが、1本ずつ出してくれました。これが、食べたらわかるのですが、そこらの串焼きとはわけが違う感じでした。山椒が少しだけのっているんです。これが絶妙にあう。この店の味の奥深さとこだわりを感じました。旨味も強いですしね。新鮮なのかな。

シチュー

シチューも至福。意外にも洋風に近いかも。こういうものって、お肉は柔らかいけど、ソースだけの味がして、肉の旨味がしない料理も多いですが、このお店はやはり違います、肉の旨味もしっかり味わえます。

テール雑炊

シメはテール雑炊。これも至福。単なる雑炊というわけではない、やはり奥深さがある雑炊。美味しい。一緒ついてきた京都の柴漬けも美味しかったです。かすかにミョウガが入っていたかと思います。

新大阪で一度は行っておきたいお店。ただし大人数でいくお店ではない

これだけ美味しいものを食べて飲んで4150円。「え!?」と思いました。基本的に一皿400円くらい。特製のハイボールに至っては250円ですからね。お客さんを大事にする、あらたさんの粋な気持ちが伝わってきた気がします。

大人数で行くお店ではないです。たくさん並んでいますし、常連さんもいるお店なので。大阪に出張や旅行に行く機会があれば一押しです。並ぶ覚悟は必要なのと、基本的には飲みのお店かと思いますが。

あとは比較的ゆっくり飲めるお店ですが、後ろにたくさん人が待っているので、何も食べずに飲まずにゆっくりすべきではないと思います。私はちょうど一時間で完食。

ご馳走さまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です