超小型・超軽量 USB-C充電器レビュー! MacBook Pro、iPadにおすすめ RAVPower 61W RP-PC112

RAVPowerからついに61Wでとても小型、軽量のUSB-C充電器(電源アダプター)が発売されたので早速購入してみました。レビューしていきたいと思います。

Macbook Pro 13インチ純正充電器(61W)とRAVPower 61W RP-PC112を比較してみた

大きさを比較

まず大きさから。明らかにRP-PC112の方が小さいです。これはMacBook ProやiPad Proなどをよく持ち運びし、普段から充電器も一緒に持ち運ぶ人にはかなり良いのではないでしょうか。小ささは正義です。

縦横サイズ比較
・Macbook Pro 13インチ純正充電器(61W)縦75mm×横75mm
・RAVPower RP-PC112 縦49mm×横49mm

厚みはRAVPower RP-PC112のほうがややあります。ただ、気になるほどの違いではありません。Appleのほうが角に丸みがあるので薄く見えますが、実際にはほぼ変わらない厚さですね。

厚さサイズ比較
・Macbook Pro 13インチ純正充電器(61W)厚さ32mm
・RAVPower RP-PC112 厚さ30mm

軽さを比較

重さをはかってみたところ、RAVPower RP-PC112は103g、Apple Macbook Pro 13インチ純正充電器は200gという結果に。約半分!これは軽い!!同じ出力でこの軽さは感動です。

形状について

もちろん、プラグ部分は折りたたむことが可能です。持ち運びしやすい設計になっています。

USB-C PD(Power Delivery)61W対応です。差し込み口は1つ。

値段比較

驚いたのが値段。Apple 61W 純正充電器って6800円もするんですね…。RAVPowerのほうはAmazonで4599円(発売記念セール20%オフで3679円)で購入できたのですが。

しかもAppleの公式ページにはサイズや重さが書いてありません。他のメーカーがもっと軽くて小さなものを安く売っているからでしょうか。最新の窒素ガリウム系の軽くて小さな充電器のほうが安いのはどういうこと!?Appleさん、この仕様でこの価格は今は厳しいんじゃないでしょうか。

いずれにしても、61Wで超小型・軽量な電源アダプターが出てくれたことはとても嬉しいです。自分の荷物もこれから100g近く軽くできそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です