WordPressでメディアライブラリのサムネイル画像が表示されないときの対策方法

メディアライブラリのサムネイル画像が表示されない

Xserver上にWordPressのページを作り画像をアップロードしようとしたところ、サムネイルに画像が表示されない。画像が出ない。サムネイルがでないので、とても不便だと感じていた。結果的に2時間くらい格闘して表示できるようになった。

どのようにしてサムネイル画像を表示できたのか

結論としてはXserver側の初期値の問題であった。 Xserverの「php.ini」の「max_execution_time」が初期値で「30」になっているのを「100」 に設定しなおしたところ、サムネイルの画像が表示されるようになった。

この対処方法は他の方も実施されていた。初期値が30という数字だったので「1つの画像をアップロードするのに30秒もかかっていないし関係ないだろ」と思っていたが、そう単純ではないようだ。30秒はかかっていないが、この数字を100にしたところ、たしかにサムネイルが表示されるようになった。

アップロードのときに処理がうまく終わっていないことが原因ではないかという仮説があたっていた

画像をメディアライブラリにアップロードしたときに「HTTP エラー。」という文字が表示されていた。処理が完了していないのかなと思ってはいたが、サムネイルは表示されないいっぽう、記事の画像は表示されていたので問題なくアップロードできているのだろうと思っていた。

じゃあなぜ表示されていないのだろうかと思いながら画面を眺めていて気づいた。

そこでGoogle ChromeのHTMLを表示させてみると、画像のサイズが1px×1pxになっていた。ためしにここを120px×120pxにしたところ、きちんと表示されるではないか。そこで、このサムネイル画像が表示されていないのは、アップロードの際にアップロードがきちんと完了していないのではないかと思った。そして、上記の対策を行ったところ表示されるようになった。

念のため書いておくとプラグインのせいではないかと疑い、すべてのプラグインをオフにしても、サムネイルは表示されなかったので、早い段階で、プラグインが原因ではないだろうと考えていた。

最終手段はプラグインForce Regenerate Thumbnailsのインストールだった

今回はうまく直ったが、その前に試していたことがある。それはプラグインForce Regenerate Thumbnailsを使うことだ。インストールしたところ、アップロードしたあとでサムネイル画像を作り直すことができる。こちらを導入したところ、サムネイル画像は表示できたが、アップロードする度に毎回、サムネイルの生成を行わないといけないので、やや面倒だ。どれをやっても駄目だったという人は試していただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です